天皇皇后両陛下 来月、初の利尻島訪問へ

宮内庁は、天皇皇后両陛下が来月3日から北海道を訪れ、初めて利尻島を訪問されると発表した。
天皇皇后両陛下の北海道訪問は来月3日から3日間の予定で、初日に北広島市を訪れ、障害者と一緒に野菜作りを行う農園を視察し、翌日には、初めて利尻島を訪問される。
そして最終日に札幌市で行われる北海道と命名されて150年を記念する式典に出席し、帰京される予定。
両陛下は、利尻島では島の特産であるバフンウニの養殖施設を視察するほか、「利尻富士」を望む沼のほとりを散策するなどして、島の自然に触れられるという。
陛下は退位の意向を示唆するお言葉でも離島など遠隔地への旅を大切なものと述べていて、今回の利尻島で、両陛下は55の島を訪問されることになる。


平成30年8月3日(金) 〜 平成30年8月5日(日)
北海道行幸啓(北海道150年記念式典御臨席併せて地方事情御視察)
平成30年8月3日(金)
天皇皇后両陛下 皇居御発
天皇皇后両陛下 ご挨拶,少時ご歓談(北海道知事,道議会議長,道警察本部長)(ターミナルアネックスビル(千歳市))
天皇皇后両陛下 北海道知事より道勢概要ご聴取(ターミナルアネックスビル(千歳市))
天皇皇后両陛下 北広島市農民研修センター (時間調整のためお立ち寄り)(北広島市
天皇皇后両陛下 ご聴取(農作物生産状況等)(合同会社竹内農園(北広島市))
天皇皇后両陛下 ご覧(障害者就労支援作業(農作物袋詰め作業))(合同会社竹内農園(北広島市))
天皇皇后両陛下 北広島市農民研修センター (時間調整のためお立ち寄り)(北広島市
天皇陛下 ご執務(札幌プリンスホテル(札幌市))

麻原 彰晃(1955年3月2日 - 2018年7月6日)

麻原 彰晃(本名: 松本 智津夫、1955年〈昭和30年〉3月2日 - 2018年〈平成30年〉7月6日)は、熊本県出身の日本のテロリスト。宗教団体オウム真理教元代表・教祖。日本で唯一の「最終解脱者」を自称していた。一連のオウム事件を起こし、1995年(平成7年)5月16日に地下鉄サリン事件の首謀者として逮捕、1996年(平成8年)3月27日に警視庁本庁舎から東京拘置所に移送され、2006年(平成18年)に死刑確定、2018年(平成30年)7月6日に死刑が執行された。
1996年(平成8年)6月19日以降は、教団内部での地位は開祖。その後、2000年(平成12年)にオウム真理教は宗教団体「アレフ」(現:Aleph)に改組され、Alephにおいての公式呼称は「旧団体代表」とされた。

namie amuro Final Tour 2018〜Finally〜

02/17 ナゴヤドーム
02/18 ナゴヤドーム
02/24 福岡 ヤフオク!ドーム
02/25 福岡 ヤフオク!ドーム
02/27 福岡 ヤフオク!ドーム
04/14 札幌ドーム
04/15 札幌ドーム
04/21 京セラドーム大阪
04/22 京セラドーム大阪
04/25 京セラドーム大阪
04/26 京セラドーム大阪
05/02 東京ドーム
05/03 東京ドーム
05/05 東京ドーム
05/06 東京ドーム
06/02 東京ドーム
06/03 東京ドーム

西部 邁(1939年3月15日 - 2018年1月21日)

西部 邁(1939年(昭和14年)3月15日 - 2018年(平成30年)1月21日)は日本の保守派の評論家、元経済学者、雑誌『表現者』顧問、元東京大学教養学部教授。